商品の選び方

ワンちゃん・ネコちゃんの解決したいお悩みから、
フードを選んでみませんか。

お客様の声

このページでは、K9ナチュラル、Felineナチュラルをご愛用頂いているお客様の声を紹介しています。
※以下は商品の効能・効果を示すものではなく、あくまで個人の感想です。

何年も続いた下痢も止まり、先生からも褒められました。

犬の下痢の食事
愛犬:チョコリーナちゃん
M・ダックスフンド 6歳

初めて里親に迎えることになったチョコは健康面でスゴく悩んだわんちゃんでした。 生まれながら盲目で運動は出来ない太りやすい、 腎臓、肝臓は薬がないと健康を維持できない状態、 そしていろいろなフードを試しても下痢は何年も続く状態…

どうにかしてあげたい一心で、 いろいろなイベントに出掛け、 その時に出展していたK9ナチュラルに出会いました。

K9ナチュラルを食べさせてすぐに効果がありました。 何年も下痢だった状態が、嘘のようにピタッと止まり、 腎臓、肝臓の数値も安定して病院から処方されていた薬もなくなり卒業できました。 病院の先生も驚くぐらいの回復ですとお褒めの言葉をいただいたくらいです!

今では毛並みもダックスとは思えないくらい柔らかくサラサラ~

そして運動が出来ない太りぎみだったチョコの体型も ダイエットなしで、スマートに体重管理いらずです。 安心して食べさせられるものに出会えて本当によかった。 これからもずっと食べさせ続けます。

相談をきいてくれて、熱心に説明してくれたK9の皆様に感謝です。 これからも困っているわんちゃん、ねこちゃんのためにがんばってください! 応援しています(^^)

宮崎友佳様

K9ナチュラルの購入を迷っている飼い主様へ!

ナチュラルキャットフード
アビちゃん

猫飼いとしては、初心者の私。
アビシニアンのアビ(女の子/2歳4か月)に出会い、
猫との暮らしをはじめてまだ1年。

はじめての赤ちゃん、状態で、何がアビにとっていいのか、悪いのか、
いまでもひとつずつ勉強している感じです。

アビは食いしん坊で、なんでもよく食べました。

なので、いろいろと品をかえて与えていたところ、
知らない間に、首の真後ろに、大きな赤いぐじゅぐじゅの傷が・・・

最初は小さくわからなかったのですが、気付いた時には、首全体にひろがり、
後ろ足でひっかいたりして、血だらけになるようになり・・・

でも、病院へいっても、原因はわからずじまい。

心配で、心配で、いろいろと情報を求めていたところ、
猫飼いの信頼できる人から、

「首の後ろだったら、もしかすると食物アレルギーかも」

という答えが。

改めて考えてみると、途中で下痢もしていました。

そこで、とにかく今、食べている食べ物を全面的に見直し、
3Dミールや穀物がはいっていない、
猫にとっての本当の栄養がいっぱいの食べ物を探しはじめました。

そして、運命の出会い!

たまたま行った猫のイベント「にゃんだらけ」に、
K9ナチュラルさんが出店されていたのです。

K9ナチュラルさんの総合栄養食のブースで、
商品説明を受けた時に、
「これは、素晴らしい食べ物じゃないか!?!!!」と、
心の底から思いました。

がしかし、鹿とか羊とか、アビは見たことも食べたこともない。

しかも、原材料に、血や心臓、骨等の記載がある??

それで、アビに与えたときに、
どういう反応をするか、すごく不安でした。

たまたまイベントで、少しだけわけてもらった
ラムのトリーツを与えたところ、
なんと、
小さな鼻をふかふか鳴らして、食べる食べる食べる食べる。

食べ過ぎでしょ!!!と突っ込みたくなる程の食いつき。

猫にとっていいものであることは、猫(アビ)が一番よく知っていました。

K9ナチュラルさんの総合栄養食をアビの一生のごはんにしよう!
そう決心し、すぐに、ネットで注文しました。

一緒に、ごはんをいれるキャニスターも購入。
(余談になりますが、このキャニスターも優れものです!)

今では、傷もすっかり癒え、
食べたごはんをデロデロと吐くこともなくなり、
毎回のごはんを楽しみにしてくれています。

K9ナチュラルさんの商品で、
なんといっても、気に入っているのは、
フリーズドライという点。

ながーーーく保存、保管ができるって素敵です!
防災にもぴったり!!!

水でもどすと、生肉と同じ栄養素、という発想、特長も、
絶賛したいところ!

K9ナチュラルさんが、この総合栄養食を、日本で販売してくださっていて、本当に良かった!

アビをすくってくれて、ありがとう!
感謝の気持ちでいっぱいです。

K9ナチュラルの購入を迷っている飼い主様!

高いというイメージもあるかもしれませんが、
1日のごはん量で金額をわりなおすと、そんなに高額ではありません。

ぜひ、いろいろ悩みを抱えている猫ちゃんやわんちゃんに、
K9ナチュラルさんを知ってもらって、
みんな笑顔で元気に暮らしてほしいと心から願っています。

中岡章紀子 様

腸は「第二の脳」とも呼ばれています

病院名:にいがたペット行動クリニック

当院HP:https://niigata-pbc.jimdo.com/

役職名:院長 獣医師 獣医行動診療科認定医

氏名:白井春佳

略歴等:酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業。獣医行動診療科専攻。「動物と人との関係を勉強したい!!」と熱望し、獣医行動治療の第一人者である南佳子先生の下で勉強する。2014年に日本で4人目となる獣医行動診療科認定医を取得。行動診療科専門動物病院を開業している獣医師としては、初の合格者となる。問題行動を対象とした「行動診療科」の診察や、問題行動の予防医療としての「しつけ教室」を開催。また、犬や猫を対象とした行動学等の講演活動、執筆等も行っている。動物と人が笑顔でHAPPYに暮らす♪ために活動中。

コメント

 私は、行動診療科のみの専門病院を開業しています。動物の行動は、様々な原因で変化します。行動は脳がコントロールしていますので、脳の働きはとても重要になります。最近の研究では、腸は「第二の脳」とも呼ばれており、独自の神経ネットワークを持っているといわれています。腸内に常在する細菌も脳の発達や機能に影響を及ぼしているという研究も注目されています。脳と腸は、双方向に情報伝達を行なって作用を及ぼしあっています。腸のバランスを整えておくことは、感情や行動を安定させるために非常に重要な事だと考えています。

適切な腸内バランスを整えておくためには、食事はとても重要になります。犬や猫本来が必要とする栄養素を吸収しやすい状態で、安全に美味しく食べることが大切です。K9ナチュラルは、これらの希望を兼ね備えているフードだと感じています。

私自身も手作り食をメインにしていますが、栄養素のバランス等が不安な場合も多くあります。総合栄養食であるこのフードを混合して与えることで、バランスが取れているため安心して手作り食を楽しむことが出来ています。

患者の犬や猫に勧めることもあります。実際に使用した症例としては、食糞の問題、食物に対して嗜好性が低くて行動変容が困難な場合、常同障害(皮膚疾患もある)の犬などです。これらの動物たちの心身の健康をサポートしてくれています。嗜好性の高さと与えやすさも手伝っているのでしょう。

我が家の老犬はすぐに下痢をしやすく、腸が弱い性質があるのですが、グリーントライプを愛用しながら過ごしています。高齢犬でもふやかすことで流動食のようになり、飲み込みがスムーズで与えやすくて助かっています。

 最後になりますが、マヌカ・ウォッシュバーも愛用しています。攻撃行動などで十分に洗い流せない犬でも、この石鹸であれば泡切れがよく、すすぎの時間も短いので、飼い主さんのご負担も少なくなっています。

脳と腸のバランスに着目しながら、今後もK9ナチュラルを利用させていただきたいと思います。

フラックスシード・オイルの体験談 牧羊犬、デュークの話

牧羊犬、デュークの話(ニュージーランド在住カーリー・チェインバーズさん)

私たちの愛犬であり、牧羊犬のデュークは、今から6週間前、元気が無くなり、体重も減り始めてしまいました。

病院を訪れると、「体に痛みが出ているようなので、炎症を抑える必要があるかもしれません。」と診断されました。一向に良くならなかったので、私は、先生に血液検査とX線を依頼し、その結果、デュークが白血病を患っていることが判明しました。病院側からは、6,000ドル(日本円で約50万円)の化学療法をするか、安楽死かの2つの選択肢を与えられました。

家に帰り、インターネットで検索していると、フラックスシード・オイルとカッテージチーズを使って驚くような改善した話を見つけたので、早速、それを試すと、1週間後には元気を取り戻して、牧羊犬の仕事に復帰し、体重も戻ってきました。
それから、再び病院を訪れた際、今度は「自己免疫不全がある」との新たな診断をされて、ステロイドが処方されました。すると、その後、1週間で急速に体重が減り、食欲が無くなって、犬小屋から出なくなってしまいました。

下の最初の写真は、1週間前に、ステロイドを与えるのを止め、フラックスシード・オイルとカッテージチーズと、ビタミンCのサプリメントを与え始めた時のもので、2番目の写真は今朝、外に走りに行った時のものです。「百聞は、一見に如かず」です。

ニュージーランド在住カーリー・チェインバーズさん

スキン&コートの体験談・シーズーの痒み

皮膚の痒みのあったシーズー (ニュージーランド ワンガレイ在住 キムさん&リンダさん)

私たちの4頭のシーズーのうち、2頭は、常に、ノミ取り薬をした後や、異なる全てのタイプのどんなシャンプーで洗った後でも、体を噛んだり、掻きむしったりしていました。

プロヴィダの「スキン&コート」を見つけて購入し、早速、シーズーたちの夜の食事に数滴を垂らして与えたところ、数日後には被毛の感触が変わり、体を噛んだり、掻きむしることが、かなり少なくなりました。
そして1ヵ月が経った今では、体を傷つけることなく、朝までぐっすりと眠れるようになりました。

農場で何年もの間、働いている他の犬にも、「スキン&コート」をお裾分けしていますが、寒さが厳しくなって来ても、そのコの関節が硬くなっているようには見えません。

「スキン&コート」のオイルは、私たちが試してきた他のオイルと違って、被毛が臭くならないことに気づきました。

皮膚の痒みのあったシーズー
(ニュージーランド ワンガレイ在住 キムさん&リンダさん)

肌の痒み、毛質が改善されました!

愛犬:ピティちゃん(姉)パグ
(フォーン)、まめちゃん(妹) パグ
(ブラック)

実の姉妹ですが、フォーンのピティはもともととても肌が弱く、 痒みもある体質で毛質も硬い方でした。
マヌカウォッシュバーを使い始めてハーブの香りもよくて、 今まで使ってきたシャンプーより泡切れも良く、
乾いたあとは毛質もサラフワッとして柔らかくなった感じです!
以前に比べ、痒みや姉妹共々独特のパグ臭も少なくなったように思います!
これからも愛用したいと思います!

村上様

ウォッシュバーで洗うたびに、何をしても悩みの種だった毛艶が良くなりました。

愛犬:ティンカーベル
(ヨークシャーテリア)
愛犬:ティンカーベル、アリス
(ヨークシャーテリア)

K9ナチュラルさんとの出会いは、夫がネットでグレインフリーでいいものがあると見つけて来たことでした。それから近所で売ってる店を調べて、リピ買いでラム・グリーントライプやいろいろおやつとして購入していました。

ティンカーベルが1歳半過ぎから、急にいろんなところを痒がりだし、何ヶ月もかけて調べてアレルギー性皮膚炎だということがやっとわかりました。薬用シャンプーを使って週1、2度洗うのですが、洗った後の痒がりようがひどく可哀想でした。抗生物質を飲んでも、その時だけで止めればまた同じです。 数ヶ月前にレイクタウン越谷のペコスにK9ナチュラルさんの販促に来ていた、同じヨーキー飼いの方からマヌカ・ウォッシュバーを勧めていただきました。

その前から乾燥肌にならないように、病院でもらった流さないコンディショナーの人工的な香料が気になって、こちらのパウ・バームを使わせていただいていました。 なので商品に何も心配はなくニュージーランドのマヌカの良さもよく知っていたので購入し、その日にシャンプーしてみました。 石鹸をそのまま体にこすりつけた時の泡立ちがよく香りも自然のハーブの好きな香りです。泡立ちがいいのでお顔も嫌がることなくスッキリです。 乾燥してびっくりしました。毛色がワントーン明るくなったような毛艶が出てフワフワサラサラです。 いつもは乾燥後クッションに顔こすりつけて痒がっていたのですがそれが全くありませんでした。 人工的な香りが全くせず、レモンのようないい香りです。それが続きます。 何度か洗って行くうちに、赤みが消え掻きこわしてしまうことがなくなり、ずっとつけていたエリザベスカラーを外すことができるようになりました。 洗うたびに何をしても悩みの種だった毛艶も、良くなって行くのがよくわかります。

石鹸を購入してすぐ、飼育放棄の保護犬のヨーキーのアリスを引き取りました。 ブラッシングも手入れも全くしていない状態で、両目の目頭に1円玉くらいのカチカチの真っ黒な塊ができていました。 アイケアスプレーでも頑として取れず困り果てていたところ、我が家に来て初めてのシャンプーで泡立てた泡をしばらく乗せておいて、ちょっとでも取れればと思っていたのですが、なんと、その一円玉くらいの塊がスルッと嘘みたいに取れたのです。あれだけ何日も苦戦していたのに。 嬉しすぎて取っておいて主人に見せました。ティンク(ティンカーベルの愛称です)とは毛質も毛色も全く違うのですが、こちらもワントーン明るくなりスベスベになりました。 黒い塊の下の皮膚は毛が抜け荒れていましたが、何度か洗ううちに綺麗になりました。

良い商品を教えていただきありがとうございました。本当に助かりました。

大好きなラム・グリーントライプのおかげか、便も快調です。それまでティンクはフードの影響で便秘で困っていました。アリスは環境が変わったことによるストレスで軟便だったのですが、今ではちょっと目を離すと、どっちがしたのかわからないほどです。

ティンクは、肉アレルギーの可能性もあったので、肉をやめてフィッシュのみにしていたのですが、肉は大丈夫だということがわかったので、鹿肉のフードも試してみようと思っています。

本当に手をかけて自然にこだわって作られているものはいいですね。

河野ゆかり 様 

泡立ちも良く、すっきりした仕上がりに満足です。

愛犬: こんぶ、もずく、ぽんず
パグ

我が家には3匹のパグを飼っておりますが(こんぶ11歳、もずく10歳、ぽんず2歳)2番目のもずくの肌が弱く、シャンプージプシーを繰り返しておりました。
ネットにてフードを注文している時にふと目に入った “マヌカ・ウォッシュバー”という石鹸まずは、マヌカの言葉にひかれました。
マヌカといえば“殺菌力が強いはちみつ”という事で有名ですが、この石鹸かゆみも抑えられるという事だったので一度使ってみることに。
最初手に取ると、ほんのりアロマのいい香りシャンプー中もリラックスした気分になれます。
泡立ちも良く、脂っぽいもずくの肌もすっきりしたような感じに仕上がり満足です。
かゆみが完全に取れたわけではないのですが、ベタベタした肌にはかなり効果があり改善されたと思います。
シャンプーした時に私たちの手もスベスベになって気持ちよかったので、
夏の暑い時期は人間も使用して家族みんなで使っています。
洗い上がりは気持ち良いですよ。

浅田由起子様

K9ナチュラル、加熱していないフリーズドライフードの魅力

CFA JAPAN 2016-2017 Best Abyssinian GC, RW LICCA
ALIZARIN LUCIFER
左は CH LICCA FLARE OF HELLO MIMMY
右は CFA JAPAN 2015-2016 Best Abyssinian GC, RW LICCA
HONEY BEAT ELEMENTS

日本ではキャットショーをご存じない方がまだまだ多く、血統猫の登録数は血統犬の登録の10分の1しかありません。血統猫はペットショップでしか見られないと思ってらっしゃる方がまだまだ多いということでしょうか?欧米では生体を販売しているペットショップが存在していません。そのためか、キャットショーに見学に来られる方が多くいらっしゃいます。私の所属するCFA=The Cat Fanciers’ Association, Inc. /( http://cfa.org/)は、日本では、真夏と年末年始を除き、毎週のようにキャットショーは開催されています。

すっかりショーキャットに魅せられた私は1994年からアビシニアンのブリーダーとなり、種の向上を目指し、より美しいアビシニアンを求め、繁殖を続けるトップブリーダーのひとりです。CFAキャットショーでは多くのブリーダーがその猫種特有の美しさを披露し、年間賞を競い合います。競い合うことで必要な要素の発見になり、ブリーダーには欠かせない活動だと考えています。

あまり知られていないのですが、猫は犬よりも多くのたんぱく質を必要とする生き物です。しかし、精肉店で購入できる肉のみでは栄養バランスが満たされません。ペットショップで猫の草が販売されていますが、猫は草を消化することはできず、吐き戻しするために草を食べるとも言われています。野生で獲物を捕獲していた時代の猫たちはウサギやネズミを丸ごと食べていました。獲物は最も栄養価の高い内臓から食べるのが肉食獣たちの鉄則です。最も優れた栄養とわかっていても、同様のものを自宅で用意するのも片付けるのも難儀でしょう。

ショーブリーダーである私にとって、猫の健康と身体作りは重要なポイントです。さらに繁殖するための母猫の栄養には気を使います。母猫は食物による栄養が不足した場合、その身を削って仔猫を育てる生き物です。大切な母猫の健康の為の栄養補給に、缶詰、レトルトパック、アルミトレイの肉類を利用していました。

友人からもらったK9ナチュラルとの出会いは、わが家の猫たちの食生活に変化を与えました。ラム・グリーントライプの臭いに、私は思わず顔を背けますが、猫たちは走り寄って来ます。野生猫が内臓から食べるのと同様の効果が得られ、即効性の整腸作用を感じられます。1頭につき2~3粒が毎朝の習慣になりました。チキン&ラム・フィーストはいつまで食べるの?と疑う程食べ続けます。チキン&ベニソン・フィーストは目の色が変わり、怖い程の勢いで食べます。

仔猫は離乳後、生後6ヶ月齢まで、急成長期にあたります。急激な成長をささえるために、仔猫が必要とするバランスの良い栄養は、体重あたりで成猫が必要とする2倍の量が必要です。しかし、仔猫のロや歯は小さく1回の食事量も限られています。主食の他、数回に分けて栄養価の高いタンパク質の補給が必要です。動物性タンパク質源にだけ存在するタウリンは仔猫の目や心臓の機能、繁殖、胎児の成長発育のために欠かせません。必須ビタミン・ミネラルは免疫機能を支え、成長と健康を維持するために大切です。K9ナチュラルのフリーズドライは少しで多くの栄養価が得られます。生肉の良さを非加熱フリーズドライ製法により、栄養素が壊れることなく摂取できる魅力的なフードです。仔猫たちは目に見えてしっかりとした筋肉が付き、毛艶が良くなります。少し虚弱だったメス猫はすっかり体重も載り、毛艶も出て、あきらめていた発情も起こりました。精肉店で購入できる肉では得られなかった効果には驚かされました。

20年以上継続してきた猫のブリーダーとして、保存も簡単で優れた栄養効果のあるK9ナチュラルのフリーズドライフードをお勧めいたします。

Abyssinians Cattery LICCA
稲富 理香 様
日本獣医生命科学大学 獣医学部・獣医学科
非常勤講師   

食いつき抜群で、涙やけ、膝関節に嬉しい変化が!

愛犬: 桃ちゃん
ビションフリーゼ

愛犬の桃は ビションフリーゼで、生後間もなく涙やけがひどくて悩み、
それに伴い治そうと思って色々なフードを試した結果、フードの好き嫌いが激しくなりました。
そして、膝関節を脱臼し両足ともグレード3という、色んな悩みを抱えて出会ったのがK9です。
JOINTやベニソン、ラムやトリーツなど、その日その時に合わせて与える内容を変えていますが、
どれも食いつき抜群で、涙やけが解消し、膝関節のグレードも2に下がりました。
今やフードジプシーから脱却し、K9オンリーで す。
同じ悩みを抱える皆さんに本当にオススメの商品です。

高橋麻衣子様

長年悩まされていた「お口のにおい」が3ヶ月でなくなりました。

愛犬: トトちゃん
ゴールデン・レトリバー  8歳

以前の飼い主様が病気で亡くなってしまい、姉妹別れ別れになってしまったトト(ゴールデンレトリバーの女の子、当時5歳)を我が家に迎えたのは、今から約3年前。以前はドッグショーにも出場していました。

ただ、どういう訳か、お口のにおいがひどい状態(納豆のような発酵臭)でした。今まで何代もゴールデン・レトリバーを育ててきましたが、こんなことは初めて。何とかしてあげたいとの思いから、良いと評判のドライフードは軒並み試し、頻繁によだれを拭いてあげるなど、いろいろ試みたのですが、一向に改善しませんでした。

そんな中、生食を推奨されている獣医師のセミナーで、K9ナチュラルを紹介されました。生食が犬の体に合っていること、K9ナチュラルにより、手軽に生食を始められることを知り、お口のにおいはともかく、健康のために、トトに与えてみることにしました。

主食のラム・フィーストに加え、トッピングにラム・グリーントライプを与えはじめて約3ヶ月。ある日の朝、いつものようにお口のよだれを拭いてあげているときに、あの納豆のようなにおいがしなくなっていることに気づいたのです。においの感覚がマヒしているのかもしれない、とスタッフにも確認してもらいましたが、同様に「お口のにおいがしなくなった!」と驚いていました。

食事が体に及ぼす影響がいかに大きいかを実感するとともに、愛犬の健康に悩んでいる飼い主さんには、ぜひ一度K9ナチュラルを試していただきたいと思います。

ビーチカフェくつろぎ様

諦めていた涙焼けがきれいになりました!

愛犬: ジンジャーちゃん
オーストラリアン ラブラドゥードル
(1歳2ヶ月・メス)

我が家のオーストラリアンラブラドゥードルのジンジャーは生まれた時から涙焼けがひどく、6か月で我が家へ来てからは涙焼けに良いと言われるハーブやクリーナー、サプリなど色々と試してきました。しかし一向に改善の気配もなく、生まれつきの体質だし、体色も白いので仕方ないと思い込んでいました。
そんな折に知り合いのトレーナーさんからおすすめのフードがあると勧めていただいたのがK9ナチュラルでした。

そしてK9のフードに切り替えてからすぐに、うんちの匂いが軽減していることにびっくり!そして、気が付くと涙焼けもきれいさっぱりとなくなっていました! 元々フードについてはそれほど意識して情報を集めていたわけではなく、まさか涙焼けにとってこんなにフードが重要だとは知らず……。とても驚きました。 それからは涙焼けに悩むこともなく、ずっとK9のフードをローテーションであげています。4種類(たまにグリーントライプをトッピング)をローテーションすることで、飽きずに喜んで食べております。 また、ジンジャーはあまり水を飲まないことが心配だったのですが、K9のフードは必然的に水分も取れるのでとても助かりました。

K9に出会って、改めて食事の質がいかに身体の状態を左右するのか、ということを実感しております。

今後とも長いお付き合いの程、よろしくお願いいたします!

村井里沙様

K9のご飯で命を救われました。

風ちゃん

我が家に来た生後2ヶ月弱のネコが、
下痢で原因分からず、生死をさまよう日々を病院で送っていました。
小さな体で毎日下痢でそれでも必死に頑張って生きようとする風を、その命を
私達家族で守り続けていきたい、
なんとか治してあげたい、と思いました。
家族で悩んでたときに、K9のお話しを色々聞かせて頂き、
心配も沢山して頂き、K9のご飯を食べ終わるころには形ある便になりました。
今は下痢は治り、やや、便秘気味ではありますが、元気にやんちゃにすごしてます。
それからずっとk9のみを、ごはん、おやつ、全てを食べさせています。

5月1日で、1歳になりました。
未熟児で我が家に来た頃は、体重は
40gしかなくていまは、3.2キロになりました。

アレルギー体質かもしれないので大変ですが、K9のご飯で命を救われました。
本当に感謝しています。有難うございます。

沢山の飼い主様が悩んでるかもしれません。
もしこんな状況の飼い主様がいらっしゃいましたら
我が家の風を教えてあげて下さい。
K9と出逢いを病院の先生にも、褒めて頂きました。

野生的で、やんちゃで甘えん坊でも私達には大切な我が子です。
お値段は確かにかかりますが(笑)
命が1番大事です。
私たちも責任を持って、この子の命を大切にします☆  

松木 芽衣 様

使ってから1ヵ月で大きく変わりました。

愛犬: りんちゃん
  (トイプードル)

毛艶が全然違うのと、目の輝き及び髪の毛の柔らかさが1ヶ月で大きく変わりました。トリマーの先生もすごいと言われましたし、動物病院の先生も驚かれていました。ありがとうございました。 

3ヶ月で、更に輝いている毛艶。りんの輝きは、内面から輝いています。 朝は、ビーフ、夜はチキン。続けてよかったのは、毛艶はもちろんの事、涙やけや病気をしない理想の身体を作ってくれたこと。 

これからもずっとこのフードで、いつまでも元気で長生きを目標に頑張っていきたい。 そしてりんは、社会貢献の犬として頑張りたいと思います  

森 様

毛艶、口臭、目ヤニ、便など、早い段階で体調の変化を感じました。

愛犬: LAYLAちゃん
 (ミニチュアシュナウザー 3歳)

K9ナチュラルとの出会いは、先代のミニュチュアシュナウザーのビクターが15歳を過ぎて、 今までガツガツ食べていた手作りご飯を、匂いを嗅ぐだけで、全く食べなくなった時です。  

ビクターは弟の犬でしたが、いつの間にか、うちの子になりました。
来た時から、ドッグフードをあまり食べず、試行錯誤の末、手作りご飯を食べさせておりましたが、 栄養面が不安で、定期的に検査をしていただいておりました。  

10歳を過ぎたころ、結石予防のドッグフードに変えたほうが良いということで、変えたのですが・・・ 水を飲まない子だったからか、結石ができてしまい2度も手術をしました。
またそれ以外も、肥満細胞腫、前立腺、前庭疾患と続き、ドッグフードは1年で止め、また手作りご飯に戻し その後は何事もなく健康に過ごしていたのですが、15歳過ぎた頃、急に全く食べなくなりました。
3日位食べなくても大丈夫ということでしたが、心配で色々調べては、これはと思うものを試していたのですが、 なかなか食べてくれず、1週間ほとんど水を飲むだけになってしまっていました。

そんな中、弟からK9ナチュラルのお試しサイズ(ラム)をもらったのですが、 食べないだろうなあと思いながら与えたところ・・・
なんと食べ始めたのです。
直ぐにラム、ビーフ、ベンソンの3種類を購入し、ローテーションして食べさせました。 そうすると、まず、便が変わり、口臭、目ヤニが少なくなり、体調の変化は早い段階で感じました。 高齢でしたが毛艶も良くなり、もっと早く知っていればと思いました。  

その経験がありましたので、その子が亡くなり、今のレイラ(ミニュチュアシュナウザー)を 縁があり迎えることになった時には、フードは迷わずK9ナチュラルを選びました。 初めからガツガツとよく食べ、3歳を過ぎた今でも、水をいれて待っている短い時間ですら 待ちきれなくてジャンプしたりしてます。
お陰様で歯や耳も綺麗で、目ヤニなども少なく、便はコロコロで、尿も便も臭くありません。 体型も、全く太ることなくしまっていて、お散歩のお友達からも褒められ、ドッグフードを聞かれると K9ナチュラルを自信をもってお薦めしております。

食べ物の大切さを自分たちも実感して注意していますが、ペットにもいつまでも健康で長生きしてもらいたいので 良いものを食べさせていきたいと思っており、K9ナチュラルに出会えて本当に良かったと思っております。 

東金 様  (東京都在住)

あじな動物病院 院長 中西遵先生によるK9ナチュラルのご紹介

広島県廿日市市阿品台3丁目1−1−103
あじな動物病院 院長 中西 遵 先生より
お送りいただきましたビデオをご紹介させていただきます。


このご飯がとても好きです!

ナチュラルドッグフード
そらくん

いつもお世話になっております。

我が家の犬はこのご飯がとても好きで
ふやかしているお皿の前でずっと伏せて待っています(笑)

旅行に行くときも軽いし扱いもとても便利で助かっています。

3年以上続いた炭水化物アレルギーの苦しみから救われました。

自然食品犬
コウちゃん

私の母が飼育する実家の柴犬のコウちゃんに食物アレルギーが発症したのは、1歳前後の頃でした。皮膚の赤みと痒み、脱毛が酷く、痒みからマズル周辺を掻き毟り、傷をつくるほどになってしまいました。アレルギー検査の結果、主に穀類を原因とすることが分かり、唯一陰性であったスウィートポテトを炭水化物(デンプン)源とするフードに変え、ステロイド剤を処方されました。それでも症状が軽くなったり、重くなったりと安定しませんでした。手作り食にしてみた時期もありましたが、母には栄養学的な知識が乏しいため上手くいかず、その後も「アレルギー対応食(療法食を含む)」と言われるフードをいくつも試しましたが、症状が治まることはありませんでした。発症後3年が経過し、4歳になったときには全ての炭水化物(デンプン)源に対してアレルギー反応陽性になり、母は「食べさせられるフードがない。獣医さんに聞いても良いフードが思い当たらないと言われた。」と私に相談がありました。

そこで私が母に紹介したのが、K9ナチュラルでした。私が知る限りでは、ウェットフード以外で炭水化物(デンプン)不使用のフードはK9ナチュラルしかなかったからです。また、以前私が飼育するチワワに試した際に、皮膚・被毛状態の改善、涙やけの改善、排便臭と量の減少(消化率の良さ)などの目に見える変化があり、とても優れたフードであるという認識もありました。「K9ナチュラルなら、きっとコウちゃんのアレルギー症状も改善する!」という期待を胸にラム・フィーストを母に贈りました。

これまで何を食べさせても駄目だったことから、「今食べさせているのが終わってから」とのん気にしていた母を急かし、すぐにK9ナチュラルに切り替えさせました。1~2週間後、「皮膚の赤みがひいて、痒みも少なくなって、獣医さんにも良くなっていると言われた!」と母から連絡があり、早速目に見える変化が出てきたことに感動しました。以降、継続してK9ナチュラルを食べさせていますが、脱毛箇所の毛も生えてきており、3年以上続いた食物アレルギーの症状の苦しみから、コウちゃんが救われたことを母も私もとても嬉しく思います。

動物行動学を専門とする仕事柄、これまでは「食事面の満足度の向上(ストレス解消)」や「食糞対策の一つ(消化率が良いため糞への嗜好性が下がる)」としてK9ナチュラルを飼い主さんに薦めてきました。今回の経験を通して、穀類だけでなく炭水化物(デンプン)全般にアレルギー反応を示す愛犬にお悩みの飼い主さんには、ぜひK9ナチュラルを試してみてほしいと思います。

学校法人ヤマザキ学園
ヤマザキ学園大学
動物看護学部 動物看護学科
講師 堀井 隆行(ほりい たかゆき)様

健康はもちろん、見た目も、フードでこれほど変わるのかと驚きました。

安全なドッグフード
ベイリー君
ゴールデン・レトリバー(5歳・オス)

K9ナチュラルのフードに変えて4か月が経ちました。一番最初に変化が見られたのは数日後、便が小さく臭いがしなくなったことでした。それまでは、ずっしり、そしてとても車の中には入れておけないくらい臭いがきつかったのですが、今では小さくころっと、そして外出先で出た便も、車の中に入れて移動しても気にならない程臭いが軽減しました。

2-3か月して変化が出てきたのが、毛並です。それまでは硬めの毛だったのですが、柔らかく、そして毛にきらきらと光沢が出てきました。

ベイリーは、ファシリティドッグとして神奈川県立こども医療センターで平日毎日勤務しています。辛い入院生活を送っている子ども達とそのご家族の支えとして重要な役割を担っています。みんな、本当にベイリーのことを心待ちにしています。そんなベイリーですので、いつまでも健康でいてもらわなければいけません。

これまでも、良いフードを与えていたつもりでいました。でも、K9ナチュラルに変えて、目に見えた変化が起きたことは驚きです。数か月ぶりに会ったご家族に、「毛並が良くなったんじゃない?」と言われたので、私がそう思っていただけでなく、毛並が変わったことは確かなのだと思います。

病院で勤務する犬ですので、健康なのは勿論、見た目も重要です。K9ナチュラルのフードを食べて、みんなに「綺麗だね。」と言われ続けたいと思います。子ども達はベイリーのふわふわの毛並を撫でて楽しんでいます。

ベイリーの変化を見て、フードでこれほど変わるのかと驚き、そして当たり前のことだけど、食べたフードで身体のすべてができているんだなぁと実感しています。こんなに優れたフードを提供していただき、本当に感謝しています。

NPO法人 シャイン・オン!キッズ
ファシリティドッグ・ハンドラー
森田優子 様

涙やけがあたりまえでした。でも、K9ナチュラルに出会ってからは…。

高齢ドッグフード
ルナ君
(19歳・オス)

ルナ君は19年前、殺処分になる寸前に巡り合い当時一人暮らしだった私の家族となりました。

書類によると1歳半とのことでしたが既に目の下には、赤茶色の涙やけが染みついていて、毛色の白い犬はこれで普通なのだと勝手に理解していました。

ペット用品に関わる仕事をし始め、涙やけ対策の様々なグッズがあることを知り手当たり次第に試しましたがどれも効果なし、すっかり諦めていました

17歳を迎えすっかりおじいちゃんになった頃、コリンズ夫妻とK9ナチュラルに出会い、熱心にご説明頂き、その内容とコンセプトに惹かれました。

食べさせて見たところ二週間ほどで涙やけがすっかり消えまるで若返ってきているかのような毛づやと目の輝きに変わりました。

晩年、後ろ足が使えなくなっり寝たきりになってしまいましたが、体臭や排せつ臭がとても軽減されていたので、介護の負担やストレスも抑えられ、車いすのリハビリも頑張れました。

20歳で大往生を迎えましたが、晩年を穏やかに過ごせたことはK9ナチュラルのおかげでございます。心から感謝いたします。

これからもニューメンバーのゴンくんやフレブルのスティッチと愛用させていただきたいと思います。

今後とも、宜しくお願いいたします。

木地紅美 様

K9ナチュラルにしてから1ヶ月くらいすると、毛ヅヤに違いが…。

ドッグフード販売
UTARIちゃん
トイプードル
(4歳・オス)

友人を通じて、コリンズご夫妻にお会いしたのをきっかけに、我が家の愛犬にK9ナチュラルフードを与え始めたのが2年程前でした。UTARIは、元々元気なワンちゃんですが、K9ナチュラルフードを食べ始めてから1ヶ月くらいすると薄く変色し始めていた毛色に深みが増した事に気付きました。プードルのカーリーな毛質はツヤツヤというわけではありませんが、ベルベットのような深みのある光沢と健康的な毛質に変化してきたように思います。体の内側がより健康になったことの表れなんだと実感しました!そして、なによりも美味しそうに食べてくれます!特に新しく発売されたチキンはお気に入りのようです! K9を通じて食生活の大切さを再確認させられたようでした。 今はまだ4歳で元気にしていますが、一日でも長く楽しく一緒に過ごせるよう毎日の食生活のなかで健康な身体づくりをしていきたいと思っています。

髙橋史帆様(東京都在住)

中澤動物診療所 (船橋)

愛猫:キーちゃん

K9Naturalを知ったのは、以前六本木の動物病院で獣医師として勤務していた時の患者さんのジャーマン・シェパードZEEKの話を聞いたのがきっかけでした。ZEEKは、下痢が1年以上止まらず、彼が通っていた動物病院の獣医師には安楽死も考えたほうがいいと言われたそうです。その後、飼い主の方は、その治療をすべて止めて、K9Naturalのラムとグリーンドライプだけを与えたところ、2日後に下痢が止まったと話してくれました。それから、K9ナチュラルに興味を持ち、愛犬のスタッフォードシャー・ブル・テリアのPindaにも与えてみました。デトックス反応で1日下痢をしましたが、その後は元気にしています。K9ナチュラルのフードのお薦めのポイントは、犬のDNAゲノムの99.8%はオオカミと共通で、食事を与える事で動物の自然な生理システムが全開になるんではないかと思うからです。薬物治療だけで満足のいく結果が出ない状態には、とても有効かと 思います。

獣医師
中澤悌之(なかざわやすゆき)先生
日本大学獣医学部卒。JAHA(公益社団法人日本動物病院福祉協会)創明期に地区ディレクターとして携わった一人。 横田基地内で獣医師として勤務ののち、六本木にある動物病院に移転。その後、船橋で中澤動物病院を開業。奥様の利子さんと愛猫キーちゃんと一緒に住む。 〒273-0011 千葉県船橋市湊町3-7-6, Tel: 047-434-4588

Robin Kwasnica

Vicki
Boston Terrier (Female)

This is the best food ever for my little Vicki! She likes food but she loves K9. After her walk at night she knows that it’s dinner time and she starts shaking with excitement. The condition of her bowel movements have made me realise how much fluff and filler was in her previous dog food (which I had though was the best I could give her). If possible... are there any pamphlets that I could get to give out as I’m often asked what Vicki is eating. Her younger brother Jojo, a cat, also seems interested in eating the food.

梅澤由香様(神奈川県在住)

愛犬:ナナちゃん
(甲斐 Mix 7歳・メス)

嬉しいご報告です!愛犬のナナ(今年7歳)が、去年末頃からストルバイト結石が出て、その為療法食を続けていましたが、pH値がどんどん高くなり、1ヶ月前にはアルカリ性 Max値まで上がってしまいました。 そこで、病院の反対を押し切ってK9ナチュラルフードに切り替えたところ、1ヵ月後の昨日の尿検査では結石は消え、pH値も正常値(9 → 7)に戻ったのです!とてもほっとしました。ありがとうございます!

大喜多 瑞美様(東京都在住)

愛犬:メルティちゃん
(ウェルシュ・コーギー×ミニチュア・ダックスフント 13歳・メス)

我が家のメルティは、毎日K9ナチュラルを食べて元気いっぱいに過ごしています!「毎日の食事が身体をつくる」ということを何より大切に思い、これまでいろいろな食事を試してきたのですが、犬種のせいもあるのか太りやすい体質なのが悩みの種でした。そしてメルティはとにかく食べる事が大好き!それが元気の秘訣ではあるのだけれど・・・

あるとき、K9ナチュラルをしばらく試してみると、腰のくびれが目立つようになってきて、周りの友人からも『メルちゃん痩せた?』の声がちらほら・・・☆ 気がつくと、とても健康的で理想的な体型を維持してきていることに気がつきました。彼女の性格はとてものんびりしていて穏やかなのですが、K9ナチュラルを目の前にした彼女は野性的な本能をくすぐられるのかとっても真剣なまなざし!目はキラキラと輝き、元気いっぱいにピョンピョンと飛び跳ねたりしながら喜び、毎回夢中になって食べています!

便は必要最少限の量しか出ません。それは無駄なものが腸の中で腐敗したりせず健康な便が出ている証拠。何よりも鼻が曲がるような匂いがまったくしないことには驚きました!だからいつも腸の調子がよくて、便の処理をするのもとっても楽ちんです(笑)。毛質はとても丈夫で、毛艶は常に保たれています。わんちゃんにとって必要な栄養がきちんと身体に吸収されているのがよくわかります。

さらに嬉しいことに、歯が汚れにくいということにも気づきました。忙しくて3、4日歯磨きがきちんとしてあげられない時も実際はあるのですが、13歳の今 も、とても綺麗な歯を維持することができています。歳をとるごとに元気になってくれる姿に感動しながら、毎日満足そうに食事をしてくれる彼女の姿を見てこ ちらも元気をもらっています!その動物、その子に合った食事をすることは、身体も心もバランスよく満たされて、芯から健康を維持できる秘訣なのだということを、K9ナチュラルをあげながら毎日メルティと一緒に実感しています

芹田恵様

愛犬:チャーリーくん(オス)

チャーリーに出会った当時は今より毛艶も良くなく、排便が不規則などのせいもあって色んなフードを試しました。アメリカにいた時も生食フリーズドラ イのタイプを好んで食べていたので、そういうタイプを探してみましたが、日本ではキブルタイプ(ドライ)のドッグフードととうもろこしや大豆などのフィリ ング(量を増やす目的で使われるもの)が入ったウェットが主流のようで当初はかなり困っていました。フードを換えるごとに便秘や軟便などの問題もありまし た。

色々 探した結果K9ナチュラルのフードに出会い、毛艶、体臭、便の様子が大いに改善され、とても満足しています。3種類のタイプをローテーションであげていま すので、飽きもなく美味しそうに毎日食べております。今年初めての北海道の冬を経験しましたが、体調も崩す事なく毎日元気に走り回っていました。地元の犬 仲間にもK9ナチュラルを薦めております。

Linda Kawaratani様(東京都在住)

愛犬:Koroくん
(トイプードル・5歳・オス)

About 2 years ago, our now 5 year old poodle Koro developed red rashes on his stomach and around his ears. Everyone had a theory as to why--at first we thought he had an allergic reaction to the grasses he encountered on our nature walks; the vet decided that he was allergic to chicken; friends said it was because he had gotten wet and hadn't been properly dried. And others said that it was an obsessive tic which caused him to excessively lick and scratch himself. Too many potential reasons! So we turned to the internet. Again, a lot of information and possible solutions but what made sense to us was that dogs are basically meat eaters and didn't need the grains that are used as fillers in their manufactured dog foods to survive. Koro started to eat a grain free diet, including K9 Natural and has not had a problem since. An added bonus: while he has never been a fussy eater, Koro loves K9 (I'm telling you--the Lamb Feast smells yummy!). Today he's a happy and healthy dog which makes us happy, too!

山下耕平様(大阪府在住)

愛猫:ぼくじゅくん(オス)

我が家のぼくじゅはもともと野良ちゃんでした。お隣にお住まいの方が、ぼくじゅが小さな時からそこら中の野良猫ちゃんとともにドライフードを与えていたようで、以前から我々人間の食事に全く興味は示さないし、ウェットフードを与えても全くの無視でした。あまりお水を飲んでくれない猫ちゃんが多いと聞くのですが、ぼくじゅはおいしそうにいっぱいお水を飲んでくれるので、ドライでも良いか と思っていました。でも、どうせならもっと健康になってもらいたくて、生食を与えたいとずっと思っていたのです。そこに、愛犬はっちが食べている『K9 ナチュラル』から猫用が出たと聞き、試さずにはいられませんでした。というのも、はっちは高齢犬(17歳)なのに、すっごい元気だからです。ぼくじゅもも う推定7歳なので、はっちのように長生きしてほしかったので。

猫ちゃんはご飯を変えるとなかなか口にしてくれないと聞いていたし、ぼくじゅもかなり頑固なんで、実際丸2日は食べてくれず大変でした。おいしくな いからとかではなく、ご飯と認識していない感じでした。大苦戦ののち、何とか口にしてくれました。意外に口にするとおいしかったらしく、今ではフィーライ ンナチュラルの袋を放置していると引き裂いて食べてしまうほどに…。(今まではそんな事はありえなかったのです!)

被毛はさらに艶々で今まで以上にフカフカに柔らかくなりました。何より驚いたのは糞臭が全くといっていいほど無くなりました。今まではすごい臭かったので…。とても良いご飯に巡り会えて、しかもそれを食べてくれて本当に良かったと思います。猫ちゃんは食事を変えるのは実際大変ですが、『フィーナインナチュラル』は試していただく価値は大いにあるご飯だと思います。

木谷美加様(千葉県在住)

愛犬:メルちゃん
(ポメラニアン 10歳・オス)

メルは、もともと体重1.7キロの小柄な子です。10年間風邪ひとつ引いたことがありませんが、アレルギーを持ち、かゆみ、脱毛に悩まされてきました。食べられるものも限られますし、何より食が細くてあまり食べてくれません。その上3か月前に股関節脱臼で、入院、手術をしたのですが、その間殆どご飯を食べなかったそうで、1.4キロにまで痩せてしまいました。その頃子犬のときからのかかりつけの獣医さんにK9を紹介されたのです。アレルギーがあるので、最初はラムを試しましたが、K9を前にしたメルの興奮状態は10年間見たことがないものでした。

器に入れると、ムシャムシャ・・・と音を立てて、一気に食べてしまうのです。「それが普通の犬。」と飼っている方は皆おっしゃいますが、メルにこんなに食欲があったのか、と家族一同でびっくりしました。さらに嬉しかったのは、わき腹など脱毛で殆ど地肌が見えていたものが、ふさふさと毛が生えてきたことです。家族にとってはどのようなメルでもかわいいのですが、やはりポメラニアンですから、ふわふわになったらより一層かわいいです。

その他の変化としては、ウンチが小さくコロコロになったのはもちろんですが、体臭がかなり減りました。シャンプーは週一度ですがその前でも全然臭いません。アトピーのせいと言われていましたが、体臭の軽減も大変嬉しいことでした。今もメルは夏バテもせず、毎朝毎夕ご飯の催促です。行儀が悪いですが、催促されるなんて、と嬉しいほうが先に立ち、つい要求に応えてしまっております。体重も少しずつ増えてきて、今1.6キロを超えました。抱っこすると重くなっているのがわかります。私にとっても、K9を食べているときのメルの嬉しそうな様子を見るのが、毎日の楽しみになっています。 *写真右:K9始めて2週間後/写真左下:K9始めて2ヶ月後

長村寿子様(神奈川県在住)

愛犬:うるまくん
(M・ダックスフンド10歳・オス)

うるまは現在闘病中です。だんだん食欲も落ちてきそうで心配でしたが、K9ナチュラルを友人から紹介してもらい試したところ、とっても美味しいらしく、ご飯の用意をすると早足でハウスに来るようになりました。病院でも先生から「とっても栄養状態がいいわね」と言われました。毛並みも闘病中とは思えないほどつやつやしてきました。病気は治らないけれど、残りの生活を家族とともに穏やかにすごし、美味しいK9の食事で抵抗力をつけ、少しでも長く一緒にいられたらと願ってます。本当はうるまが若くて元気な頃にK9ナチュラルを知って、食べさせていたらなぁ?と少し後悔しているくらいです。犬にとって最適なフードだと思います。

白石敦子様(茨城県在住)

愛犬:ニコちゃん
(ジャックラッセルテリア 4歳・メス)

うちは主に馬肉の生食を与えているのですが、季節の変わり目(特に春から夏)の朝、嘔吐することが多く、獣医さんにも診てもらいましたが特に悪いところはないので様子をみていたところ、K9 ナチュラルを知り、はじめに1週間グリーントライプを与えてみたところその後は嘔吐もなく調子がいいようです。食いつきも抜群です。ベニソンもラムも大変喜んで食べます。簡単に水で戻るので忙しいときも手軽ですし、旅行時も生食を与えられるので重宝しそうです。

Philippe(Tokyo在住)

愛犬:Zeek
(German Shepherd 3yr old・male)

After almost two years and hundreds of thousands of yen in vet bills, we felt we were about out of optionsZeke with Zeek. We just couldn't understand why an otherwise normal, healthy dog had chronic stomach problems and diarrhea that modern medicine couldn't fix. After doing some of our own research we found that many owners of dogs with problems were switching to raw feeding with great results. We chose K9Natural for its source- New Zealand, its recipe- easy to understand without any chemicals or fillers and its convenience. Within days Zeek had a new lease on life. His diarrhea cleared up, his stool became firm and dry and his appetite was back. After 3 months he has put on 7 kilos, his coat is darker and there have been no stomach issues. No drugs, no supplements, no tests and in hindsight, such a logical solution. Feed him a diet that is based on what dogs have been eating for thousands of years.

鈴木様(東京都在住)

愛犬:ガブリエルちゃん
(フレンチ・ブルドッグ 10歳・オス)

うちのコは、季節の変わり目、特に春先に、湿疹や脱毛などのアレルギー症状に悩まされていました。そんな時に友人から勧められて試したK9ナチュラルですが、食べ始めて直ぐにウンチが小さくなり、その後、毛並みや毛艶が良くなってきました。そして、何よりも嬉しい変化は、皮膚トラブルが改善されたことです! ラム(子羊)とベニスン(鹿肉)、どちらもガブのお気に入りです。これまでフリーズドライのフードは試した事はありませんでしたが、保管も楽ですし、ぬるま湯で戻すだけで簡単に準備できるので、とても使いやすいです。今後はぜひビーフ(牛肉)も試してみたいと思います。

矢澤様(東京都在住)

愛犬:もんきちくん
(トイプードル 10カ月・オス)

うちは、まだ10カ月になったばかりのオスのトイプードルです。名前は「もんきち」です。けっこう有名な日本のメーカーの「トイプードル用」というゴハンを食べさせていたのですが、最近、おやつなどで美味しいものをあげていたのが原因なのか、そのゴハンをすっかり食べなくなりました。ペットクリニックのドクターに聞いたら「こんなに元気だし、贅沢になって食べないだけ。おなかがすいたら食べますよ」とのことでした。そう言われても、やっぱり心配ですよね。そんな時、姉がK9ナチュラルをプレゼントしてくれたのです。自然のものしか使ってないから安心ということで、その日から食べさせたら、前のゴハンと比べて、とにかく食いつきが全然違ったのです。それからというもの毎食K9ナチュラルですが、毎回飽きるどころかペロっと食べてしまいます。ウンチも臭くなくなったし、今では私ももんきちもK9ナチュラルが大のお気に入りとなっています。

藤野様(神奈川県在住)

愛犬:さくらちゃん
(ゴールデン・レトリーバー 12歳・メス)
こうめちゃん
(ゴールデン・レトリーバー 10歳・メス) 親子

与え始めてから1年。K9ナチュラルを食べ始めてから、毛並みが良くなりました。気になっていた肌アレ(炎症)もほぼなくなりました。毎日、喜んで食べてくれるのがうれしいです。

ジョイ様(米・カリフォルニア在住)

愛犬:アーチーちゃん
(ビション・フリーゼ1歳・オス)
ショーネーム:
チャンピオン ティカアズ グロリビー スター スパングルドゥ バナー

涙やけが気になっていたアーチーに、トレーナーがK9ナチュラルを食べさせたのがきっかけでした。その結果、写真を見てもわかるように、涙やけもきれいに消えました。その後、2009年12月、カリフォルニアで行われたAKC USA CHAMPION(米国ケンネルクラブ)主催の6つのショーで優勝しました。その後、上海に渡り、2010年の3月と4月それぞれの月で、NO.1ビション・フリーゼに選ばれ、他にもBEST IN SHOW(優勝)に2回選ばれるなどの好成績を多数残しました。K9ナチュラルのおかげで、アーチーは、アメリカと中国のショーでチャンピオン経験があるすばらしい犬に成長しました。

ロンダ様(ニュージーランド・オックスフォード在住)

愛犬:スパーちゃん
(ノルウェージャン・エルクハウンド6歳・オス)
ショーネーム:
グレイデン モンテ ソースパー

スパーは、2009年7月からK9ナチュラルを食べています。与え始めて10日以内で、便、毛並み、スタイルなどに変化が見られました。それから今も、どんどん良くなっています。この変化は、ショーでも証明されました。スパーは、6つのショーに出場し、2つのBEST NZ BRED OF GROUPを獲得し、南アイランド・ハウンドクラブ・スペシャルティーチャンピオンシップでは、強敵たちを抑えて、BEST NZ BRED IN SHOW(優勝)に輝きました。とても名誉なことだと思っています。 私は、スパー以外の愛犬たちにも皆、K9ナチュラルを与えていますし、私たちが経営するオックスフォードのケンネル(ペットホテル)のお客様にも、自信を持って、K9ナチュラルをご提供しています。