AAFCOって何?

様々な分野で先進国と言われる日本ですが、ペットフードに目を向けると、諸外国に比べ大幅に後れをとっていると言わざるを得ません。私たち人間の食べ物になる家畜に関しては、飼料安全法という法律があり、飼料の品質が確保されています。一方、ペットフードに関しては、食品ではなく「雑貨」という扱いであり、安全性・品質を規制する法律もありません。

法律やガイドラインが整備されていない現状が何をもたらすのかと言うと、粗悪なペットフードの流通です。結果として、飼い主様が良質で安全なペットフードを選ぶのが非常に難しくなっています。そんななか、一体何を基準にペットフードを選べばいいのか?――ひとつの基準として、ご紹介したいのがAAFCOです。

AAFCOの基礎知識

AAFCOとは「米国飼料検査官協会」のこと。「The Association of American Feed Control Officials」の頭文字をとってAAFCO(日本では「アフコ」)と呼ばれています。米国飼料検査官協会というのは、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体です。AAFCOが定めたペットフードの栄養基準は世界的なスタンダードとなっており、日本のペットフード公正取引協議会もAAFCOの栄養基準を採用しています。

一点、知っておいていただきたいのは、AAFCOというのはペットフードの認定や承認を行う検査機関ではないということです。そのため、ペットフードのパッケージなどでAAFCOの栄養基準を満たしていることを表現する場合、「AAFCO認定」「AAFCO承認」「AAFCO合格」というような表記は禁じられていますし、「AAFCOで認められたペットフードメーカー」というのもあり得ません。「AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア」というのが、適切な表示例になります。

ただし、「AAFCO基準」はあくまで1つの目安です!

AAFCOの栄養基準は、ペットにとっても飼い主様にとっても、なくてはならないものです。しかしながら、「AAFCOなら安心!」と考えることはできません。なぜなら、ペットにとって好ましくない原料を使ってAAFCOの栄養基準をクリアしているフードメーカーが存在するからです。

AAFCOは、パッケージ表示に関しては非常に厳格な規制を設けているのですが、原材料についてはそれほど厳格ではありません。極端な言い方をすれば、「基準値以内であれば、どんな原材料を使ってもいい」ということになっています。

その先は、各メーカーの善意に委ねられているわけですが、残念なことに人工添加物などを加えてAAFCOの基準をクリアしているペットフードも存在します。こういったフードを与え続けることがペットに及ぼすリスクについては、「ペットの病気と食事の関係」(該当ページへリンク)、「ワンちゃんのアレルギーはご飯が原因!?」で解説しているとおりです。

つまり、「AAFCOが定める栄養基準を満たしている」=「安全である」とは言い切れないということです。ペットフードを選ぶ際は、「AAFCOだから安心」と簡単に手を伸ばさず、原材料や製法をしっかり確認したうえで購入するようにしましょう。

k9ナチュラルは、新鮮な人間食用の肉類を90%以上使用しAAFCO基準をクリア

K9ナチュラルはAAFCOの理念に賛同し、その基準に則ってフードを開発・販売しています。さらに、「AAFCOの基準さえクリアできればいい」という考えではなく、独自の規制のもと、犬や猫の、本来の食性「肉食」に合わせたオリジナルレシピを考案。新鮮な人間食用の肉類90%以上(猫用は99%以上)を原材料に使い、AAFCOの基準をクリアしたフードをご提供しています。「安心して与えられる高品質のペットフード」をお探しの方は、ぜひK9ナチュラルをお試しください。

K9ナチュラルのペットフードの詳細はこちら

なるほどコラムについて

K9ナチュラルジャパンの「なるほどコラム」では、毎回、ペットフードを中心に飼い主様にとって大切な情報をお届けしてまいります。
ペットの健康と、ペットと一緒に幸せに暮らすために、お役立ていただければ幸いです。