なるほどコラム
犬、猫フードを中心に飼い主様にとって
大切な情報をお届けしてまいります。

一生の健康を左右する“成長期”の「食事」! 子犬から始めよう!体の材料たっぷりのドッグフード「K9ナチュラル」

一生の健康を左右する“成長期”の「食事」! 子犬から始めよう!体の材料たっぷりのドッグフード「K9ナチュラル」

子犬を迎えたご家族様! まずは、おめでとうございます! そして、犬と暮らす世界へようこそ!

初めて、子犬を迎えた方は、かわいい我がコを連れて、お散歩や、カフェにお出かけなど、楽しい「期待」がある反面、しつけや病気、ケガなどに対しての「不安」も感じているのではないでしょうか?

確かに、大変なことも多いかもしれませんが、子犬と一緒に暮らす中で、彼らがくれる「癒し」は、何ごとにも代えがたいものだと思います。

これからの、犬との暮らしを、少しでも「楽しく」、そして「健康」に過ごしていただくために、「食事の大切さ」をお伝えしたいと思います。

「食事」を選ぶのは、飼い主様です。

犬の「健康」に、最も重要で、飼い主様からの愛情を形にして、与えることができるものは「食事=ドッグフード」ではないでしょうか。

お家に迎えた時点で、飼い主様は、そのコの親であり、リーダーでもあります。子犬は、自分で「食事」を選べませんので、そのコが食べるものは、飼い主様が選び、与えるものになります。

そして、子犬の“成長期”は、そのコの生涯の健康にかかわる“体の基礎”が作り上げられていく、一生に一度しかない、最も重要な時期です。つまり、飼い主様の「食事」の選択次第で、そのコの“一生の健康”を左右してしまう、と言っても、過言ではないほど、大切なものなのです。

“体のつくり”から見た、理想的な「食事」

では、どんな「食事」が、“成長期”の子犬にとって、理想的なのでしょうか?
その答えは、そのコ自身の“体のつくり”の中にあります。

物を立体的に見ることができる、表情豊かな目、人間の1億倍の嗅覚があると言われる鼻、力の強いアゴと、尖っている歯、おもちゃを抑え込める、器用な前脚など…
これらはすべて“獲物を捕まえて食べる”ために、体を進化させてきた「肉食動物」であることを物語っているのです。

また、外見からは分かりませんが、「唾液にデンプン(炭水化物)の分解酵素がない。」「腸の長さが人間の半分くらいしかない。」「植物の細胞を包む“壁”を分解できない。」などの事実も、それを証明しています。

「え!?犬は雑食でしょ?」と思う飼い主様も多いかと思います。
確かに、犬の先祖のオオカミも含めて“イヌ科”の動物は、肉だけしか食べることができない動物に比べれば、植物性の栄養も、多少、利用できるようになっていますが、それは、あくまでも“肉を食べることができない時”など、「非常事態の手段」に過ぎません。

つまり“肉からの栄養”がしっかりと取れる「食事」であれば、それに越したことはないのです。

“体の基礎”をつくる「栄養」

子犬の成長期には“体づくりの材料”として最も多く使われる「タンパク質」と“活動エネルギー”として生産効率の良い「脂質」が、たくさん必要になり、その量は成犬に比べて2倍から3倍、と言われています。

その大切な栄養が、本来の食性に添った、“動物の肉中心”の理想的な「食事」から与えることができれば、体を支える筋肉や骨、栄養を消化吸収するための内臓など、健康を維持するために重要な“体の基礎”となる器官や、そのコの病気や寿命に大きく関わるとされる心臓、理解力とコミュニケーションに大切な脳など、子犬の時期にしか育めない器官も、しっかりと成長させることができるでしょう。

犬の体のつくりに合った、理想的な「食事」
非加熱フリーズドライ・ドッグフード「K9ナチュラル」

ニュージーランド産の非加熱フリーズドライ・ドッグフード「K9ナチュラル」は、原材料の90%以上に新鮮な生肉類を使い、生の栄養を損なわないように、非加熱で乾燥させた、常温で保存できる「日持ちのする生肉食」です。

犬の体のつくりに合った、理想的な「食事」により、内臓がまだ成熟していない子犬でも、やさしく消化吸収することのでき、“成長期”に最も大切で、必要不可欠な“体づくりの材料”や“活動エネルギー”として、最高の栄養である、新鮮な「動物性のタンパク質と脂質」を、毎日、手軽に与えることができます。

一生に一度しかない、大切な時期を逃さないために、1日でも早く「K9ナチュラル」を与え始めていただきたいと思います。