ラム・フィースト

ラム・フィースト
ヘルシーな「ラム肉」。 カラダを温めてくれます。

在庫状況: 在庫あり ★★★

脂肪を燃焼しやすくする“L-カルニチン”を多く含む「ラム肉」。
カラダを温めてくれるので、代謝などを高める効果も。
ラム本来の香りや味を、おいしく楽しめます。
価格:
¥0
(税込)
獲得ポイント: 2 ポイント ※ポイントランク一般会員様の場合。会員登録が必要になります。
¥0
  • 商品特長

    • 穀物(小麦・米・トウモロコシ・大豆等)不使用
    • AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア
    • 子犬からシニア犬までオールステージ対応
    • 食材はすべて人間食用を使用
    K9ナチュラルは、原材料の99%以上に自然食材を使用し、その栄養や風味を最大限に生かすため、原材料の加工を最小限に抑えながら、非加熱で製造しています。
    そのため、原材料の収穫時期やサプライヤー(供給元)の違い、季節による家畜・家禽の脂肪分の違い、気候による野菜・果物などの成分の違いなど、素材の特長がそのまま、粒に反映されるため、保証成分値の範囲内ではありますが、粒の形状や、硬さ、色や香りなど、違いがあります。 また、一般的なドライフードのように、肉食動物である犬や猫にとって不要な、穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。 K9ナチュラルは、基本的な与え方として、本来の食事に近づけるために、生食の水分値に戻してから与えていただくフードですので、粉状になっているものはそのまま、粒状のものはくずしてから、水かぬるま湯(37℃以下)を加えると、短い時間で、戻ります。
  • 原材料

    子羊肉(人間食用の家畜から生産される),血(子羊),グリーントライプ(子羊),卵,レバー(子羊),心臓(子羊),骨(子羊),ひまわり油,フラックスシードフレーク,昆布,腎臓(子羊),キャベツ,ブロッコリー,チャード(葉野菜),にんじん,カリフラワー,乾燥昆布,炭酸カルシウム,りんご,洋なし,ニュージーランド緑イ貝,ベータカロチン,ビタミンD,ビタミンE,プロティネイト亜鉛,プロティネイト鉄,プロティネイト銅,プロティネイトマンガン,ビタミンB1,葉酸,セレン酵母
    K9ナチュラルに使われる肉は全て、ニュージーランドの肥沃な大地で放牧されて育った健康な家畜だけを使っています。これらの肉類には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどは一切不使用。病気で死んだ家畜や衰弱した家畜、廃棄部分(ヒヅメ、尻尾、鼻など)も一切使用していません。
  • 栄養情報

    製品そのままの状態(フリーズドライ状態)

    粗たん白質 29.1%以上
    粗脂肪 33.4%以上
    粗繊維 2.6%以下
    粗灰分 7.5%以下
    水分 8.0%以下
    オメガ3 0.5%以上
    オメガ6 1.6%以上
    100g中のカロリー 471.3kcal
  • 良くあるご質問

    愛犬の好き嫌いが激しく、気に入るか心配です。
    "犬は元来、新鮮な生肉の食事を好む動物です。でも、もし愛犬が最初ためらうようでしたら、フードを戻す際にぬるま湯(37度以下)を使うことをお勧めします。水で戻すより、おいしそうな匂いがするようになります。きっと、愛犬も夢中で食べるようになるはずです。また嗜好性の高いグリーントライプを少量混ぜるのも良いでしょう。 (※絶対に電子レンジで加熱しないでください。マイクロ波が食物の分子の構造を変えてしまい、消化吸収が悪くなります。) "
    どんなサイズの犬にも与えられますか?
    K9ナチュラルは、犬のサイズ、犬種、活動量、年齢に関係なく、すべての犬に与えることができます。
    K9ナチュラルを与えることによって得られる最大のポイントは?
    新鮮な素材をフレッシュ(生・非加熱)のままフリーズドライ加工した質の良いタンパク質や必須脂肪酸を生肉から摂ることができることです。そして、天然のビタミンやミネラル、カルシウム、酵素などを野菜・果物・内臓・ボーンパウダーなどから摂ることができるという点です。
    犬のダイエットに役立ちますか?
    K9ナチュラルは、生肉が90%以上使用された、動物性のタンパク質と良質な脂質が主体の食事で、体内で脂肪に変わり肥満を招きやすい炭水化物はほとんど含みません。また嗜好性アップのための砂糖や甘味料も入れておらず、太りにくいフードと言えます。
    素材の肉の種類によって、栄養上に違いがあるのでしょうか?
    肉(動物)の種類の違いによって、タンパク質や脂肪の含有量の違いがありますが、どの種類のK9ナチュラルにも十分なビタミン、ミネラルなどが含まれていて、自然界での食事と同じような内容になっています。ラム(子羊)、ビーフ(牛肉)、ベニソン(鹿肉)、チキン(鶏肉)この4種類を交互に与えることで、自然界での捕食(肉食動物が餌となる対象の動物を捕らえて食うこと)と同様のバラエティーが得られ、栄養バランスがさらに良くなります。ぜひお試しください。
    同じ種類を購入しているのに、袋によって、粒の色や硬さが違ったり、粉々になっているものがありますが、このまま与えられますか?
    大丈夫です。安心して与えてください。 K9ナチュラルは、原材料の99%以上に自然食材を使用し、その栄養や風味を最大限に生かすため、原材料の加工を最小限に抑えながら、非加熱で製造しています。 そのため、原材料の収穫時期やサプライヤー(供給元)の違い、季節による家畜・家禽の脂肪分の違い、気候による野菜・果物などの成分の違いなど、素材の特長がそのまま、粒に反映されるため、保証成分値の範囲内ではありますが、粒の形状や、硬さ、色や香りなど、違いがあります。 また、一般的なドライフードのように、肉食動物である犬や猫にとって不要な、穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。 K9ナチュラルは、基本的な与え方として、本来の食事に近づけるために、生食の水分値に戻してから与えていただくフードですので、粉状になっているものはそのまま、粒状のものはくずしてから、水かぬるま湯(37℃以下)を加えると、短い時間で、戻ります。
  • お客様の声

    何年も続いた下痢も止まり、先生からも褒められました。
    初めて里親に迎えることになったチョコは健康面でスゴく悩んだわんちゃんでした。 生まれながら盲目で運動は出来ない太りやすい、 腎臓、肝臓は薬がないと健康を維持できない状態、 そしていろいろなフードを試しても下痢は何年も続く状態…
    どうにかしてあげたい一心で、 いろいろなイベントに出掛け、 その時に出展していたK9ナチュラルに出会いました。
    K9ナチュラルを食べさせてすぐに効果がありました。 何年も下痢だった状態が、嘘のようにピタッと止まり、 腎臓、肝臓の数値も安定して病院から処方されていた薬もなくなり卒業できました。 病院の先生も驚くぐらいの回復ですとお褒めの言葉をいただいたくらいです!
    今では毛並みもダックスとは思えないくらい柔らかくサラサラ~
    そして運動が出来ない太りぎみだったチョコの体型も ダイエットなしで、スマートに体重管理いらずです。 安心して食べさせられるものに出会えて本当によかった。 これからもずっと食べさせ続けます。
    相談をきいてくれて、熱心に説明してくれたK9の皆様に感謝です。 これからも困っているわんちゃん、ねこちゃんのためにがんばってください! 応援しています(^^)
    大喜多 瑞美様(東京都在住)
    3年以上続いた炭水化物アレルギーの苦しみから救われました。
    私の母が飼育する実家の柴犬のコウちゃんに食物アレルギーが発症したのは、1歳前後の頃でした。皮膚の赤みと痒み、脱毛が酷く、痒みからマズル周辺を掻き毟り、傷をつくるほどになってしまいました。アレルギー検査の結果、主に穀類を原因とすることが分かり、唯一陰性であったスウィートポテトを炭水化物(デンプン)源とするフードに変え、ステロイド剤を処方されました。それでも症状が軽くなったり、重くなったりと安定しませんでした。手作り食にしてみた時期もありましたが、母には栄養学的な知識が乏しいため上手くいかず、その後も「アレルギー対応食(療法食を含む)」と言われるフードをいくつも試しましたが、症状が治まることはありませんでした。発症後3年が経過し、4歳になったときには全ての炭水化物(デンプン)源に対してアレルギー反応陽性になり、母は「食べさせられるフードがない。獣医さんに聞いても良いフードが思い当たらないと言われた。」と私に相談がありました。 そこで私が母に紹介したのが、K9ナチュラルでした。私が知る限りでは、ウェットフード以外で炭水化物(デンプン)不使用のフードはK9ナチュラルしかなかったからです。また、以前私が飼育するチワワに試した際に、皮膚・被毛状態の改善、涙やけの改善、排便臭と量の減少(消化率の良さ)などの目に見える変化があり、とても優れたフードであるという認識もありました。「K9ナチュラルなら、きっとコウちゃんのアレルギー症状も改善する!」という期待を胸にラム・フィーストを母に贈りました。 これまで何を食べさせても駄目だったことから、「今食べさせているのが終わってから」とのん気にしていた母を急かし、すぐにK9ナチュラルに切り替えさせました。1~2週間後、「皮膚の赤みがひいて、痒みも少なくなって、獣医さんにも良くなっていると言われた!」と母から連絡があり、早速目に見える変化が出てきたことに感動しました。以降、継続してK9ナチュラルを食べさせていますが、脱毛箇所の毛も生えてきており、3年以上続いた食物アレルギーの症状の苦しみから、コウちゃんが救われたことを母も私もとても嬉しく思います。 動物行動学を専門とする仕事柄、これまでは「食事面の満足度の向上(ストレス解消)」や「食糞対策の一つ(消化率が良いため糞への嗜好性が下がる)」としてK9ナチュラルを飼い主さんに薦めてきました。今回の経験を通して、穀類だけでなく炭水化物(デンプン)全般にアレルギー反応を示す愛犬にお悩みの飼い主さんには、ぜひK9ナチュラルを試してみてほしいと思います。
    学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ学園大学 動物看護学部 動物看護学科 講師 堀井 隆行(ほりい たかゆき)様
    メルちゃん(ポメラニアン/10歳/男の子)
    メルは、もともと体重1.7キロの小柄な子です。10年間風邪ひとつ引いたことがありませんが、アレルギーを持ち、かゆみ、脱毛に悩まされてきました。食べられるものも限られますし、何より食が細くてあまり食べてくれません。その上3か月前に股関節脱臼で、入院、手術をしたのですが、その間殆どご飯を食べなかったそうで、1.4キロにまで痩せてしまいました。その頃子犬のときからのかかりつけの獣医さんにK9を紹介されたのです。アレルギーがあるので、最初はラムを試しましたが、K9を前にしたメルの興奮状態は10年間見たことがないものでした。 器に入れると、ムシャムシャ・・・と音を立てて、一気に食べてしまうのです。「それが普通の犬。」と飼っている方は皆おっしゃいますが、メルにこんなに食欲があったのか、と家族一同でびっくりしました。さらに嬉しかったのは、わき腹など脱毛で殆ど地肌が見えていたものが、ふさふさと毛が生えてきたことです。家族にとってはどのようなメルでもかわいいのですが、やはりポメラニアンですから、ふわふわになったらより一層かわいいです。 その他の変化としては、ウンチが小さくコロコロになったのはもちろんですが、体臭がかなり減りました。シャンプーは週一度ですがその前でも全然臭いません。アトピーのせいと言われていましたが、体臭の軽減も大変嬉しいことでした。今もメルは夏バテもせず、毎朝毎夕ご飯の催促です。行儀が悪いですが、催促されるなんて、と嬉しいほうが先に立ち、つい要求に応えてしまっております。体重も少しずつ増えてきて、今1.6キロを超えました。抱っこすると重くなっているのがわかります。私にとっても、K9を食べているときのメルの嬉しそうな様子を見るのが、毎日の楽しみになっています。 *写真右:K9始めて2週間後/写真左下:K9始めて2ヶ月後
    木谷美加様(千葉県在住)