FLビーフ&ホキ・フィースト

オメガ3が豊富な「ビーフ」と、クセのない「ホキ」。

FLビーフ&ホキ・フィースト

原材料
  • ビーフ
    ビーフ
  • ホキ
    ホキ
  • 緑イ貝
    緑イ貝

ミネラルやオメガ3(EPA・DHA)が豊富な、自然放牧で育つ「ビーフ」とクセがなく上品な味で人気の、タラ目の白身魚「ホキ」。高い嗜好性と、豊富な栄養のコラボレーションです。

商品サイズ 水で戻した時の量
10g 40g
100g 400g
320g 1.28kg
  • サイズを選択してください
FLビーフ&ホキ・フィースト 在庫あり
キャットフード

サイズを選択してください(必須

必須必須必須

価格:303円 ~ 5,858円(税込)

個数:

加算ポイント:2pt53pt

商品コード:9421904014985 ~ 9421904897649

商品特長

  • AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリア
  • 穀類・イモ類・豆類、一切不使用
  • 人工保存料・人工着色料・人工香料、一切不使用
  • 子猫からシニア猫まで、全年齢・全猫種対応
  • 食材はすべて人間食用を使用

フィーラインナチュラルは、原材料の99%以上に自然食材を使用し、その栄養や風味を最大限に生かすため、原材料の加工を最小限に抑えながら、非加熱で製造しています。 そのため、原材料の収穫時期やサプライヤー(供給元)の違い、季節による家畜や魚の脂肪分の違いなど、素材の特長がそのまま、粒に反映されるため、保証成分値の範囲内ではありますが、粒の形状や、硬さ、色や香りなど、違いがあります。 また、一般的なドライフードのように、肉食動物である犬や猫にとって不要な、穀類・イモ類・豆類などの、粘性の高い、ツナギや量増しとしての原材料を一切、使用していないため、1粒1粒が柔らかく、簡単に、ほぐせるようになっています。フィーラインナチュラルは、基本的な与え方として、本来の食事に近づけるために、生食の水分値に戻してから与えていただくフードですので、粉状になっているものはそのまま、粒状のものはくずしてから、水かぬるま湯(37℃以下)を加えると、短い時間で、戻ります。

ほぐれた粒が含まれる状態

ほぐれた粒が含まれる状態

粒の形が残った状態

粒の形が残った状態

≪粒の形状について≫
フリーズドライ商品につきましては、穀類・イモ類・豆類などの、「つなぎ」を一切使用していないため、粒が柔らかく、製造ロットにより、あらかじめ細かくほぐれているものがございます。
お肉の性質上、チキンや魚を使用している種類は、粒が特に柔らかいため、その傾向が見受けられますが、品質には問題ございませんので、安心してご使用ください。

原材料

心臓(牛)、ホキ(白身魚)、牛肉(人間食用の家畜から生産される)、腎臓(牛)、肝臓(牛)、血(牛)、ひまわり油、フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、炭酸カルシウム、リン酸二カリウム、乾燥昆布、タウリン、ビタミンE、酸化マグネシウム、プロティネイト亜鉛、プロティネイト銅、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸

与え方

▼1日分の推奨給与量ガイド
●成猫:1kgあたり、フリーズドライ約8g(+3倍量の水)
例:体重5kgの場合 5×8g=40g(+水120ml)
※1回分の食事量は、1日に与える回数で割ります。
●子猫
生後2ヶ月~6ヶ月の場合 成猫の最大約2~3倍まで
生後6ヶ月~12ヶ月の場合 成猫の約1.5倍~2倍
※現在の体重を基に計算してください。

推奨給与量は、目安に過ぎません。個体差がありますので、愛猫の体重の増減や活動量を考慮して、必要に応じて給与量を調整してください。
妊娠期・授乳期の犬には、成猫の約2倍の量が必要です。また2種類以上のK9ナチュラルをローテーションで与えることもお勧めしています。詳しくは下記をご参照ください。

栄養情報

保証分析値(フリーズドライ状態)

粗たん白質 47.0%以上
粗脂肪 32.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 9.5%以下
水分 8.0%以下
マグネシウム 0.16%
リン 2.4%以下
タウリン 0.34%以上
100g中のカロリー 476.2kcal

栄養分析値

カルシウム 3.3%
カリウム 0.8%
ナトリウム 0.48%
α-リノレン酸 0.38%

良くあるご質問

犬用と猫用では何が違うんですか?
犬用フードのK9ナチュラルの原材料は肉類が約90%、野菜・果物・卵・緑イ貝・サプリメントが約10%の比率で使用されています。犬よりもさらに肉食性の強い猫用のフィーラインナチュラルの原材料は、肉類99%以上で総合栄養食の基準を満たしています。さらに、猫に必須である肉類の内臓などに含まれる天然のタウリンも豊富に含まれています。
猫は、好き嫌いが多いのですがフィーラインナチュラルのキャットフードだけで大丈夫ですか?
猫は、犬より頑固な肉食動物です。本来、野菜や果物は、犬と違って食べません。フィーラインナチュラルを最初にあげた時からすぐに気に入ってくれるコもいますが、警戒して食べないコもいます。すぐに食べない場合は、何日か続けて与えてみてください。 一度、おいしいとわかってもらえると、次からは、催促してくるようになるでしょう。 ●今までの調査では、6~7割のコが最初から食べてくれて、他1~2割のコが後々、時間がかかりますが、 食べるようになったと報告されています。(※フリーズドライのままだと食べるコも含まれます。) ●猫は、内臓に負担をかけないためにも、食事から水分を補給するのが理想なので、水で戻したフィーラインナチュラルは、理想的な食事だと言えます。
フィーラインナチュラルのフードは、お水で戻さずに与えても大丈夫ですか?
フリーズドライのまま与えても大丈夫です。ですが、本来、肉食動物は、生きている動物を狩り、生で食すことで水分を得ていました。現代の多くの猫が抱えている腎臓疾患の原因のひとつは、水分摂取の不足です。食事から水分摂取をすることが、とても大事ですので、生食を食べた時と同じ栄養と水分が取れるように、水(37℃以下)を加えて、元の生食の状態で与えることを理想としています。水で戻さずに、そのまま与える場合には、いつでも、お水を飲めるようにしておいてください。
「フィーラインナチュラル」は、使用している肉の量が多いので、高タンパク質・高脂質な食事なのでしょうか?
愛猫に与える「フィーラインナチュラル」の1日の給与量は、一般的なドライフードの約半分ほどですので、実際に食事から摂取する「タンパク質・脂質」を換算すると、“内臓の健康に配慮された制限食”と同じくらいの割合となり、決して多すぎるということはありません。ただし、肉を食べ慣れていないコの場合は、吐いてしまったりすることもありますので、少量から与えるなど、様子を見ながら給与量を調整してください。

お知らせ

2020年10月2日
K9 Natural / Feline Natural フリーズドライ商品「脱酸素剤」封入について

さて、このたび、製造元である、ニュージーランドの K9 Natural Foods Ltd.より、商品の品質維持をより確かなものにするため、
K9 Natural / Feline Natural フリーズドライ商品に、「脱酸素剤(非毒性)」を封入するとの連絡が参りましたので、お知らせいたします。
(※お試しサイズは対象外となります。)

また、「脱酸素剤」の封入とパッケージへの追記につきましては、順次行われますので、
商品の種類やサイズによって、切り替え時期が異なります。予め、ご了承くださいませ。

なお、当面の間は、商品のパッケージ表記に変更はなく、「脱酸素剤」の封入のみの変更となります。
「脱酸素剤」が愛犬・愛猫のお口に入らぬよう、呉々も、ご注意くださいませ。

お客様の声

お勧めの商品

  • FLビーフ & ホキ・フィースト 85g FLビーフ & ホキ・フィースト 85g
  • FLビーフ・フィースト 85g缶 FLビーフ・フィースト 85g缶
  • FLフィーライン ビーフ・トリーツ FLフィーライン ビーフ・トリーツ
  • FLフィーライン ラム・グリーントライプ FLフィーライン ラム・グリーントライプ
 
購入する