3メガ(犬猫兼用)

動物性・植物性のダブルの“オメガ3”を手軽にプラス

3メガ(犬猫兼用)

原材料
  • ホキ
    ホキ
  • アマニ
    アマニ

ProVida 3メガは、動物性と植物性の両方から、不足しがちな“3つのオメガ3脂肪酸(ALA、EPA、DHA)”を補給できるサプリメント・オイルです。
脳や目、皮膚、被毛、関節、消化器、循環器など、様々な器官の健康をサポートします。

内容量: 150ml

3メガ(犬猫兼用) 在庫あり
ドッグフード

価格:2,090円(税込)

個数:

加算ポイント:19pt

商品コード:9421904371576

原材料

天然ビタミンE含有のアマニ油(100%コールドプレス抽出)、ホキ(白身魚)・オイル(MSC(海洋管理協議会)認定の持続的に漁獲可能な魚から抽出)

与え方

※ ご使用前に、ボトルをよく振ってください。
1日あたり、体重に合わせて以下の量を目安に与えてください。 給与量は、あくまでも目安です。
個体差を考慮し、様子を見ながら調整してください。
犬・猫 体重5kg以下 1プッシュ
犬・猫 体重 6~10kg 2プッシュ
犬   体重11~15kg 3プッシュ
犬   体重11~15kg 4プッシュ
※ 1プッシュ押切り 約1.5ml

栄養情報

脂質 99%以上
水分 0.5%以下
カロリー(100g中) 870kcal以上
オメガ3脂肪酸 43.1%
EPA 2.9%
DHA 5.0%
オメガ6脂肪酸 8.5%

良くあるご質問

どのようなアマニを使用していますか?
ニュージーランドの自然豊かなカンタベリー平原で栽培されたアマニを使用しています。 水質、土壌、天候にも恵まれた地域なので、栄養価の高いアマニを収穫することが出来ます。 一般的なアマニの「オメガ3脂肪酸」の含有率は、50%前後ですが、この地域で収穫されるものは60%以上の含有率です。
種子オイルは、どのように抽出していますか?
成分の変性がないように、40度以上の温度をかけずに、油分をゆっくりと抽出する『コールドプレス製法』を使用しております。 時間もコストも掛かる抽出方法なのですが、熱が加わらないことにより、栄養の欠落が少なく、鮮度を保ったまま効能を引き出すことが出来ます。
犬や猫に、植物性オイルの効果はあるのでしょうか?
種のままの状態では、食物繊維が多く、消化は難しいですが、抽出されたオイルの状態であれば、犬や猫でも消化吸収できます。 本来、肉食動物である犬や猫にとって、脂質はエネルギー源や細胞膜の材料として必要な、貴重な栄養素で、特に「オメガ3脂肪酸」は、摂取不足が懸念されている必須脂肪酸ですので、サプリメントなどで補うことをお勧めしています。
アマニ油と魚油はどちらもオメガ3が多いと聞きますが、混ぜるメリットがあるのでしょうか。
オメガ3脂肪酸には「α-リノレン酸・EPA・DHA」の3つの種類があり、アマニオイルからは「α-リノレン酸」が摂取でき、魚やクリル(南極オキアミ)からは「EPA・DHA」が、が摂取できます。 どの種類の「オメガ3脂肪酸」も大切な栄養(必須脂肪酸)です。 魚やクリルなどの動物性の「オメガ3脂肪酸」は、酸化がとても早く、味や匂いが強いものが多いですが、植物性の脂肪酸にはビタミンEが含まれているので、酸化防止効果が高く、匂いも味もソフトです。 3メガは、オメガ3脂肪酸の「α-リノレン酸・EPA・DHA」を一度に与えることが出来るオイルです。
便が緩くなってしまいました。このまま与えても平気でしょうか?
スキン&コート・オイルに含まれる、オレイン酸(オメガ9脂肪酸)には排泄作用があります。便が緩くなる場合は、与えすぎが考えられますので、1回の食事に1~2滴から始めて、少しずつ量を増やし、そのコに体に合った適量になるように、調整して与えてください。
アレルギーが多い子に与えてみたいのですが大丈夫でしょうか?
食べた物に反応してしまう「食物アレルギー」の原因のほとんどは、タンパク質と言われています。オイル状になっている脂質では、アレルギー反応は出にくい、とされていますが、初めて与える場合は、 1回の食事に1~2滴から始めて、少しずつ量を増やし、様子を見ながら調整して与えてください。
保存方法はどのようにしたら良いですか?
品質と鮮度を保つため、直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。開封後は冷蔵庫に入れ、3ヵ月以内にご利用ください。 冷蔵保存すると、中身が固まることがあります。よく振ってから、ご使用ください。

お客様の声

 
購入する