トッピングとしての与え方

ワンちゃん•ネコちゃんに
「最高のトッピング」の与える方法を調べましょう。

トッピングとしての与え方

K9ナチュラルの総合栄養食は、「最高のトッピング」としても、とても使いやすく、お勧めです。フリーズドライにされているので、含まれる水分値が8%以下と、一般的なドライフードよりも低く、ツナギや量増しとしての穀類・イモ類・豆類は一切不使用ですので、1粒1粒が柔らかく、手で簡単に、ほぐすことができます。嗜好性が高く、消化吸収もやさしい総合栄養食ですので、トッピングをしても、栄養のバランスを崩しません。

※トッピングのコラムも、ぜひ、ご一読ください。

他のフードへのトッピング?

食いつきをよくするためのトッピング
[使用量:フード全体の1~2%(数粒)]
数粒をそのままトッピングしても良いですが、与えたいペットフードをすべて食べさせたい場合は、K9ナチュラルの粒をほぐし、混ぜ込んで与えると良いでしょう。
選り好んで今までのフードだけを吐き出してしまうコの場合は、ペットフード自体をふやかしてから、K9ナチュラルの粒をほぐして混ぜ込むと効果的です。
補助的なサプリメントとしてのトッピング
[使用量:フード全体の10%~30%]
生後1年~2歳前後(青年期から成熟期への期間)の最終成長の栄養補助や、関節の疾患などの治療回復後の健康維持、シニアを迎えるための準備など、補助的なサプリメントとして与える場合の量の目安です。粒のままトッピングや、ほぐして振りかけても良いですが、腎臓や泌尿器の健康に配慮したい場合は、K9ナチュラルをほぐし、2~3倍の水分で戻してから、与えたいペットフードに混ぜてください。
本格的なサプリメントとしてのトッピング
[使用量:フード全体の50%以上]
メインのサプリメントとして使用したい場合は、フード全体の半分以上の使用がお勧めです。総合栄養食としての保証分析値も満たしていますので、多い割合でもバランスを崩さず、安心して与えられます。そのコの年齢や代謝量、お腹の状態などによって使用する期間や使用量は異なりますが、健康を保つためにも、量を調節して、使い続けることをお勧めします。状況に応じて、使用する種類も考慮すると、より良いでしょう。

※使用料はあくまでも目安です。
※他のフードはグレインフリー(穀物不使用)がお勧めです。

※「フードの種類による特長」は与え方のページをご覧ください。