商品の選び方

ワンちゃん・ネコちゃんの解決したいお悩みから、
フードを選んでみませんか。

社員の声

(株)K9ナチュラルジャパンは、社員全員がパートナーたちにK9ナチュラルを愛用しています。
スタッフならではの体験談を掲載いたしましたので、ぜひ、ご一読ください。

セールズ・マネージャー 佐藤淳二

左からイギー8才、ロコ6才
サクラ10才

当時、ペット用品の問屋で働いていた私がK9ナチュラルと出会ったのは、幕張メッセで開催された2011年の最初のインターペット会場でした。コリンズ夫妻にフードの話を伺った時の衝撃は、今でも記憶に新しいです。

その後、家の3頭のチワワたちにK9ナチュラルを与えてみたところ、それまで7年間フードジプシーで悩んでいた一番上のコが、パクパクと美味しそうに食べてくれて、ごはんを待つようになりました。そして、2日間でウンチが小さく、ニオイがほぼしなくなり、食糞をしていた下のコがウンチに全く興味を示さなくなりました。

本格的に主食として使い始めたところ、3頭とも涙やけが2週間ほどで薄くなり、避妊・去勢以後3年間ダイエットに成功したことのなかった全員の体が1ヵ月ほどでキュっと引き締まり、同時に、緩かった膝が抜けなくなり、中でもいちばん驚いた改善は、右後ろ足膝の十字靭帯が断裂していたコが1ヵ月で歩けるようになり、3ヶ月後には走れるようになったことでした。フケの多かったコも、ブラッシングで櫛にフケが付かなくなり、全員が柔らかく艶のある毛に生まれ変わりました。

それまで、自身で色々調べながら、良さそうなフードやサプリを試してきましたが、こんなにも早く、目で確認できるほど体が改善されるのを見たのは初めてでしたし、今まで勉強してきた“常識”が覆ってしまったとともに「この事実を一人でも多くの方に伝えたい!」と思うようになり、(株)K9ナチュラルジャパンのオフィスのドアを叩いて今日に至っています。

以前、父親が中学生の頃に家で飼っていた雑種の犬「マル」の話を聞いたことがありました。とても頭の良い子で、忠誠心が強く、朝ごはんの時に『待て』をさせた後『よし』を言い忘れてしまい、夕方慌てて帰宅すると、ご飯を前によだれをいっぱい垂らしながら、ちゃんと待っていたそうです。

当時、市販のドッグフードはまだ無く、マルの食事はもっぱら人間の残り物や、鶏や家畜の骨や内臓だったそうです。「マルって何歳くらいまで生きたの?」と聞いたとき、父親は「中学生からだから…20年近くじゃないか?」と言っていて、そんなに長く?と当時は思っていましたが、K9ナチュラルの内容を知った今では、それも納得できるようになりました。

犬たちは人間と生活を共にするようになって、1万5千年とも2万年とも言われています。

それだけ長い時間、人間と一緒にいるのだから、犬は雑食だ!という人もいますが、ドッグフードが世の中に広まる以前、犬たちにトウモロコシや麦を率先して与えていたのでしょうか?ドッグフードが日本で一般的に使われるようになって、たった50年ほどです。

今でもオオカミに一番近い遺伝子を持つ犬たちが、50年ほどで雑食になるでしょうか?そう考えると、トウモロコシや麦、豆などの穀物類が主原料のドッグフードに疑問を覚えます。

K9ナチュラルを主食にしたわが家のチワワたちの体の変化には理由があります。

  • ウンチが小さく、ニオイが少なくなったのは、生食が彼らの消化器官にあった食べ物で、栄養がしっかりと消化吸収された証拠です。
  • 涙やけが薄くなったのは、生食により消化吸収が楽になり、胃腸がキレイになって老廃物が減ってきた証拠です。
  • ダイエットに成功したのは、糖質が高く、脂肪の増える原因の穀類が入っておらず、良質なタンパクな食事が筋肉を強化し、脂肪を燃焼させた証拠です。
  • 関節の問題が解決したのは、吸収の良い生の素材に含まれたカルシウム、グルコサミン、コンドロイチンなどが、消化吸収を助ける酵素や乳酸菌、善玉菌のチカラで体にしっかりと吸収され、同時に筋肉が強化された証拠です。

ぜひ、一人でも多くの方に、私と同じような、この嬉しい体験をしていただきたいと思っております。

株式会社K9ナチュラルジャパン
セールズ・マネージャー
佐藤淳二

セールズ・チーフ 宮﨑 基

愛犬:ミーナ
(キャバリア 1歳 女の子)
特に好きなK9ナチュラルのフード:チキン、ベニソン

生まれて2か月半のミーナを我が家に迎えた当初は、それまで与えられていたドライフードをしばらく与えるつもりでした。

しかしながら、うんちのにおいが思いのほか鼻についてしまい、(朝ミーナがいるリビングに入った瞬間にうんちのにおいが・・・)、早々にK9ナチュラルに切り替えることにしました。

その日の朝からK9ナチュラルに切り替えたのですが、次の日の朝、最初にリビングに入った妻が「うんちのにおいが全然しないけど、大丈夫かしら?」と私に聞いてくるぐらい、ほとんど、においがしなくなったのをはっきりと覚えています。さらに小さくて固いうんちのため、処理が大変楽になりました(トイレトレーを家のトイレの上でひっくり返して流すだけ)。

以降、たまには違うフードをあげてみようと、他のドライフードを与えてみるのですが、その都度うんちのにおいがきつく、ゆるくなってしまうので、妻の反対もあり、今ではK9ナチュラルのみを与えています。

ミーナは女の子のせいか、キャバリアとしては小柄なため(5kg弱)、たくさん食べてもらうために、与える量をやや多めにしています。また、キャバリアは心臓病が気になる犬種のため、定期的に獣医さんの診察を受けているのですが、「余計な脂肪分がついていなくて、いい体型だね。」と言っていただいています。

我が家では、しつけのためにコング等の「かむおもちゃ」を使用しているのですが、グリーントライプやラム・トリーツ、ベニソン・トリーツは中に詰めるおやつとして、大きさ・固さ・香りとも、ちょうど良いと思います。

K9ナチュラルのおやつでは、ミーナは、ベニソン・テンドンとディア・フーフ、グリーン・マッスルが特に好きです。中でも、ベニソン・テンドンは一心不乱に噛み続けていて、取り上げようとしたら、飼い始めて唯一と言っていいほど「いやな顔」をされたので、そのまま与えてしまったこともあります(その際は1時間半で一本を食べ切っていました)。

キャバリアは、大変、人なつっこい性格のため、かわいくて仕方がありません。一方、心臓病など、健康には注意が必要な犬種です。今後も食事をはじめとして、できるだけ体に負担がかからないように育てていきたいと思っています。

株式会社K9ナチュラルジャパン
セールズ・チーフ
宮﨑 基

長坂 康大

愛犬:トイプードル(レッド)
男の子(去勢済)/7歳

うちのコは、ドライフードの選り好みがひどく新しいフードを試すと初めは食べてくれるのですが、すぐに飽きてしまい見向きもしなくなることが何度も続きました。

しかし、K9 Naturalに変えてからは、ご飯の準備をしていると飛んできて足元から離れず、与えると勢いよく食べてくれます。

普段お水をあまり飲まないので、水分補給が一緒にできるのも良いと思います。

与え始めて最初に目に見えてわかる変化は便でした。非常に小さく匂いも少なくなりました。

便は固くなるのですが便秘にはならず、朝晩2回の快便です。

その後、続けていると長年悩んでいた涙やけがみるみる改善していき、今ではきれいになりました。

今では他のドライフードにはもう戻れません。

株式会社K9ナチュラルジャパン
セールズ
長坂 康大

齋藤 優子

愛犬:こころ(ヨーキー)
女の子/2歳

K9ナチュラルとの最初の出会いは、愛犬ラテ(トイ・プードル)が病気と闘っているときでした。ラテは、ドライフードだけでは食べようとせず、ウェットフードを混ぜて与えると、器用に表面だけ舐め

とってしまう子でした。どうして喜んで食べてくれないのだろう?と、ドライフードを何種類も試してみましたが、どれも気が進まない様子でした。

小型犬でいうシニア期に差し掛かったある日、前触れもなく、ラテが倒れました。セカンドオピニオンで詳しい検査をした結果は、乳腺腫瘍。想像を超える早いスピードで、病状は悪化し、もともと食が細かったラテが、さらに食べ物を受け付けなくなり、目に見えて弱っていくのが分かりました。

「何か、何か食べてほしい…」そんなすがるような想いで、ペットの専門店を探しまわっている時に、目に入ったのがK9ナチュラルでした。

さっそく家に帰り、手で崩してお水で湿らせたK9ナチュラルを口元に運ぶと、無い力を振り絞って、もぐもぐと口を動かし、美味しそうに食べてくれたのです。本当に、驚くべき光景でした。数日後、ラテは虹の橋を渡ってしまいましたが、最後は、とても穏やかでした。

もっと早く、K9ナチュラルに出会っていれば…もっと早く、食事の大切さに気が付いていれば、健康な体作りをしてあげられたかもしれない。

そう何度も自分を責めると同時に、この経験を決して無駄にしてはいけない。今を一生懸命生きるワンちゃん、猫ちゃん達を食事で健康に、幸せにするお手伝いがしたい。愛犬や愛猫の食事のことで悩みを抱える多くの方に、K9ナチュラルを知ってほしい。そんな想いが強くなりました。そして今、社員の一人としてこの場にいます。

昨年、小さな新しい家族“こころ(ヨーキー)”を迎えました。本当の母親になった気持ちで、毎日を過ごしています。生後3ヵ月頃からK9ナチュラルを主食にして与えていますが、筋肉でしっかりと引き締まった強い体、思わず触れたくなるふわふわな毛艶、そして目の輝き!等、K9ナチュラルを与えながら、体は食べたもので作られるのだと実感しています。何より、毎日美味しそうに夢中になって食べている姿を見ていると、飼い主として幸せを感じます。

かけがえのないパートナーが、本当に求めているものは何か。言葉を発することができないからこそ、“心の声”を聴きとれるように、そばに寄り添って、これからも健康な生活サポートしてあげたいと考えています。

株式会社K9ナチュラルジャパン
セールズ
齋藤 優子

大武 理絵

Pasha Blue (パシャ)
犬種・描種: M・ダックスフンド
ブルータン・ダップル

グリーントライプは、10年ぐらい前から、日本の野生鹿の生を使用していましたが、扱いが大変難しく、 また、私が、その臭いに耐え切れず、犬にとって良いことはわかっていても、毎日与えることができませんでした。 今回、K9 Natural のビーフ・トライプが発売され、ラムより臭いが気にならないことを知り、使用を開始しました。
【与えた感想】
愛犬は、多くの市販フードにありがちな酸化した油で、嘔吐と下痢、上質なフードでも、肉以外の生が難しく、特に、根野菜や固い皮の消化ができず、膵臓の数値がマックスに上がり、血痰、血便と、合うフードがなく、手作りに至ります。毎日手間暇かけて、上質な食材で手作り食を作っても、愛犬の消化までは助けることができません。できることなら 私が、咀嚼して与えたい(笑)と思うほど、人の食材は、人間の生態に合った食習慣であり、犬には、辛いものです。グリーントライプは、犬の消化を助ける消化酵素やプロバイオティクス(腸内善玉菌)とプレバイオティクス(腸内フローラの餌になる食物繊維)、必須脂肪酸や、犬に大切な、リンとカルシウムのバランスが大変良く、 手作り食に、K9 Natural ビーフ・グリーントライプを 2cm角 トッピングしただけで、劇的に、犬の消化力が変わります。普段から、愛犬の糞を確認しますが、 手作りにありがちな、こんもりした糞にくらべ、K9 Natural ビーフ・グリーントライプを与えたほうが、糞の密度が細かく、普段から、糞の臭いは悪くありませんが、それ以上に、糞の臭いが無いに等しくなりました。これは、人間の赤ちゃんの腸内環境が、まだ、外敵にさらされる前の善玉菌優位に似た状態だと感じます。更に、毎食後、歯を1本ずつ磨くほどのクレージー飼主ですが、K9 Natural ビーフ・グリーントライプを食事の際に与えることで、食後の口腔内に変化がありました。ネバネバ感がなく、大変短時間で歯磨きが終了します。これも、グリーントライプのアミノ酸や酵素が口腔内の環境を良くしていることが解り、今後も継続しようと思いますし、多くの方に知っていただきたいと思います。